木洩れ日を探して

?『機動戦士ガンダム00』の頼れる兄貴・ニールと、双子の熱き弟・ライルについてのあれこれ?

ガンダム00 第10話 セルゲイさん死ぬなぁぁぁ!!&ハレルヤ復活!! そしてアニューさん登場☆

いやもう、何が凄いって。
話の切り替えがビシバシ来るんだもの!w

ススススメラギさん! 17歳! 若い!! おまけにほっぺた染めてるし^^ 服装がスーパーマンならぬスーパーガールなところもグ??w
つまりアメリカの大学でカティたちと一緒に学んでいたってことですね。
みんな若かりし頃は輝いていたんだなぁ。

池田特派員がJNNを退職してカタロン入りしてたのもホントにビックリした!
あちこち紛争地域を取材しているうちに、ライルと同じように【世界の歪み】を見逃せなくなってしまったのかな。
てっきり○○支局長、みたいに報道関係で登場するかと思ってたのでぶっ飛んだぜよ。

しかし… カタロンの中東支部はこれでまた大変なことに。
クラウスのボス的存在だった支部長はスイ―ル国王と一緒に亡くなってしまうし。
シーリンがしっかりしないと仲間の動揺は避けられないかも…

置鮎ブリング・スタビティ氏が駆る新型MSガラッゾ、あっという間に現われて風のように去っていったw
爪からクローが伸びてキュウゥゥィインと固まって00の武器を両断してしまうシーン、効果音が活きてましたな。音響監督の倉橋静男さんGJ!

ライルがしっかりハロさんを抱きかかえて登場したのが嬉しかった☆ この調子でどんどん仲良くなってほしいぞ。
そして「刹那!大丈夫か!」と呼び掛けつつ援護射撃。
前回の対アリー戦の時もそうだったけど、ケルディムは結構おいしいシチュエーションをゲットしてますよね。遠距離から撃つと敵のMSが撤退していく、という。やっぱりライルも有能なんだなぁ。
二ール兄さんはハラハラしつつ心配してると思うけど、どうか弟を見守ってあげてね。


セルゲイ… 熊父さん……(涙) よりによってこんな形で…

あれか。
アロウズ側はセルゲイやカティが内心であまり快く思ってないことを見抜いていて、連邦の正規軍に手を回して、わざとセルゲイをスイール王国の監視の最前線に送り込んだのかも。
ついでにカティを「ガンダム追撃作戦のため」と称していったん追い払っておいて、グッドマン自らメメント・モリの発射の指揮を執って…セルゲイをわざと巻き添えに……
マリーの悲愴な叫び声が辛かったよ…

00のツインドライヴが同調することで、思わぬ余波が。

ここでハレルヤが帰ってきたぁぁぁぁ!!!!

吉野さんがすっごく生き生きと嬉しそうに「ったく、寝てられねぇぜ」と台詞を語っていたのがツボw
ハレルヤの復活+GNアーチャーでアリオスは一気に大活躍モードに入りそうですね。
HGの発売もそろそろだし。めでたしめでたし。
で、ハレルヤさんはマリーを見て何て言うんだろう? もうマリーはアレルヤを倒そうとはしていないから「…ちっ」って舌打ちするだけであまり追及しないのかな?

そして。

アニュー・リターナーさん。

あちこちから風の噂で『EDの白カーテンから腕を伸ばしている人の候補』と聞こえてきて、おっかなビックリだったんです。

イノベイター側からのスパイだし、はたしてどんな人物なんだろう、って。

ものすごく才色兼備な素敵なひと、じゃないっすか!!☆

もちろんこれも演技の可能性は充分あるし、何かをきっかけにガラッと変わって極悪人ぽくなるかもしれないけど。

宇宙物理学とMS工学と再生治療の権威で、なおかつ操船技術や料理に長けている…。うおおお。

まだ生まれて数年だと思うのに、任務だから知識をギュギュっと詰め込んでCBへ送り込まれたのかな。

考えてみたら、彼女と対になる存在のリヴァイヴ・リバイバルや、今日登場したブリング・スタビティのような軍籍を持つイノベイターは「ワンマンアーミーですから。」の一言でかなり自由な行動が許されるけれど、アニューはそれができないんですよね。
生まれてからずっとCB育ちのフェルト嬢の言動(初対面のマリーにいきなり恨み節をぶつけたり、ライルの「自分はニールではない」という抗議を聞いているようで聞き流していたり)を見ていると、CBのチームワークって常にほぼ固定化していて、あまり外部の人間を受け付けないという印象。
そこへ入り込んで信頼を得て、一番のマル秘事項であるオーライザーやGNアーチャーの開発に携わるまでになるって…相当に人間性が完璧でないと難しいと思うのです。
00のツインドライヴに危機感を持ったリボンズから指令を受けたにしても、本来の性格がそれなりに社交性に富んでいないと、あんなにイアン達に信用してもらえないんじゃないかな。

つまり。
CB側についてくれないかな…!!! と。

これ、みんなと初顔合わせのシーンでなぜかライルがいないのも謎です。
まだライルが「彼女も自分と同じようなスパイの立場だ」ということに気づくことを避けるための演出なのかな?
次のシーンで、オーライザーとGNアーチャーを見ている場面ではライルは気が無さそうに壁にもたれてましたね。
さて! スパイ対決、果たしてどうなるか?!
アニューさんとライル、どちらも頭脳派で腕も立ちそう。ライバル同士として不足はないw


にほんブログ村 アニメブログ
にほんブログ村 アニメブログへ


スポンサーサイト

別窓 | 感想 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<ライルの明日を考えてみた! | 木洩れ日を探して | ガンダム00 第9話 切ない…ライルぅぅぅぅぅぅ!!!>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 木洩れ日を探して |